ドラマに夢中で・・(佐地茂人)

議員のブログ
11 /14 2006


ここ1週間の活動は少し気が抜けたものでした。季節代わりで風邪などをひきまして・・

17日からは議会が始まります。気を引き締めて行きたいと思います。

質問では、「静岡ブランドについて」をやろうと思っています。最近、気になることは小嶋市長のマニフェストです。どんなものになるのかなあ・・選挙という弱い立場の時なので、議員からのそれぞれの事業についてもお願いされ、記載されるのかなあ?・・「そういうことを書くな」と先輩から怒られそうです。

 ところで、TVなんかは「ニュース・ステーション」改良版(報道ステーションのこと)ぐらいしか見ない私ですが、今、ドラマが気になっています。

かみさんもびっくりするぐらい珍しいことです。本当は一緒に見たいんだけど・・寝ちゃうので一人で見ます。欠かさず、続けて見るほどではありませんが、2つありまして、一つはフジテレビの「僕の歩く道」で草なぎさんがやっている自閉症の男の子(31歳)の物語。障がいについてを他局より力を入れていると感じるフジのモットーは好きです。現代の社会問題だと思う、障がいをテーマにされているのが共感できる。みんなの気持ちが優しくなるといいですよね~

もう一つは朝日の「家族・妻の不在、夫の存在」です。竹野内さんが主演?でいいのかな、子育てをする親父(竹野内)がかっこよくて、何でも出来る渡さんもかっこよくて、逆襲する妻(石田)が結構憎らしい・・こちらも現代の問題、共稼ぎや働きながら子育てが出来にくい社会情勢を描いているところに共感を覚える。

ドラマが気になるなんて余裕があると思われても仕方がないけど、この二つのドラマが今の日本に欠けていることを伝えている様で日本が良くなるヒントを教えている気がしてならない。「日本人よ、人に気を配る余裕を持とうではないか」

スポンサーサイト

自由民主党静岡市議会議員団

静岡市議会 自民党市議団からのお知らせです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。