自民党議員団ブログ(繁田和三)

議員のブログ
02 /26 2007

きょうから平成19年当初議会が始まり、小嶋市長から施政方針が示されました。

 これは、国で言うと安倍総理の国会における施政方針演説に相当するものです。
本市でも、平成19年度当初予算案の提案に伴い、市長が議場で朗読されました。
内容は、どうしても予算案に沿って述べるため、総花的になりがちです。

しかし、今年の施政方針に目を通すと、新しい市の取り組みが見られるので
これは多いに評価したいと思います。

 例えば、「静岡ブランドを確立」するため、シティセールスに積極的に取り組むと表明している点です。
 本市には茶、みかん、山葵、イチゴ、葉しょうがなどをはじめとする農産品、桜海老、しらす、まぐろ、黒はんぺんなど、はたまた、南アルプスなどの自然やプラモデルなどの工業製品等々、すぐれた地域の資源が豊富です。
 これらを武器に内外に売り出し、静岡のブランドイメージを高めようとする政策です。

これには、私も大賛成。
大いに期待するところでありますが、生産者などの協力も成功には不可欠であり、
みんなが同じ方向を向いて一緒に取り組むことが肝心であると認識したいものです。
(2007.02.23)

スポンサーサイト

自由民主党静岡市議会議員団

静岡市議会 自民党市議団からのお知らせです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。