6月18日(火) 浜岡原子力発電所視察

視察
08 /20 2013

 
日 時  平成25年6月18日(火)
視察先  ・浜岡原子力館・発電所
      (有)新日邦 御前崎市門屋
     ・太陽光発電施設視察 
メンバー 鈴木和彦 石上顕太郎 亀澤敏之 山根田鶴子
     繁田和三 牧田博之 丹沢卓久 大村一雄
     望月俊明 早川清文 工藤公彦 福地 健 畑田 響
 
市役所集合にて全員バスにて出発
現地に向かうバスの中で浜岡原発の概要説明と立地状況のDVDを視聴しながら移動した。
 1020分浜岡原子力発電所着、静岡営業所外岡所長、中庭総務G課長、清水営業所増田所長、静岡送変電建設所・河合・小出氏、他現地職員の皆さんのお出迎えを受け、2-3会議室に向かった。
 
 会議室に入ると早速、自民党議員団を代表して鈴木会長の視察受け入れお礼の挨拶から倉田所長さんの歓迎の挨拶を受けたのち、資料とパワーポイントによる視察スケジュールと浜岡原発がどのようにして地震・津波対策工事に取り組んでいるかの説明を村松部長・水野主任から受けた。
 
 中電所有バス(ユウユウ号)で構内を移動
 

浸水防止対策1 
発電所敷地内浸水防止を図る
  発電所敷地前面砂丘堤防の一部及び防波壁の左右両端部に盛土の嵩上げにより津波の侵入を防ぐ。
  防波壁(たてかべ)、発電所敷地海側へ天端高さ:海抜18mの基礎コンクリート、上部鉄骨とパネル内部にコンクリートを流し込み強度を上げてある。現在はさらに上部を嵩上げ工事最終的に22mにする。
 

浸水防止対策2
仮に津波が防波壁を超え敷地が浸水した場合を想定し建物内への浸水防止を図る
緊急時海水取水設備(EWS)設置工事
建物入り口は外部に強化扉を設け内部に水密扉の設置により安全性・信頼性の強化を図る。
 

緊急時対策の強化
全交流電源や海水冷却機能を喪失した場合でも冷却機能を図る
電源設備対策として海抜40mに非常用ガスタービン発電建屋
代替電源の確保「ガスタービン発電機・災害対策用発電機・予備蓄電池」
原子炉の中に直接水を送る「高圧注水ポンプ用空冷式熱交換器・ハイドロサブ・水タンクの増設」
燃料から発生する熱を取り除く「窒素ボンベの配備・ベントの遠隔操作・冷温停止に必要な機器の予備品確保」
建物入り口は外部に強化扉を設け内部に水密扉の設置により安全性・信頼性の強化を図る。
 

緊急時対策の強化
海抜30m非常用貯水槽の設置
 
 
以上を現地での説明を受けながら回った。
 
浜岡原子力発電所の安全性のより一層の向上に向けての今後の取り組みとして
 
1・津波対策、シビアアクシデント対策については、平成26年度末の対策完了を目標に工事を進めて参ります。
2・地震対策については、内閣府が検討事項としている長周期地震動等の検討状況や新規制基準を踏まえ。3~5号の施設全体を対象に、具体的な工事対象施設や設計の検討を進め、今年度の出来るだけ早い段階で工事計画をとりまとめ、早期の着工を目指します。
3・新規制基準については、速やかな適合を目指し、原子力規制委員会での策定状況を注視しながら、必要な対策について順次検討を進めてまいります。
4・福島の事故を踏まえた法改正により、当社の原子力防災体制の強化を図りました。今後も防災体制の強化に継続的に取り組むとともに、静岡県および関係市町との連携強化を図ってまいります。
 
以上のことを言っている
 
 静岡県からも
 「計画どおりに対策が実施されており、真摯に取り組まれている」
 「当該設備について、緊急時に実際動かす体制等、訓練ができる状態になったら、再度確認したい」
「津波対策の全体像を電源や注水等の項目で整理し、説明していただきたい」
 などの評価および要請を受けているそうです。
 
御前崎市からも
「しっかり設計どうりできている」
「津波対策について市民の皆さんに一層、わかりやすい情報発信をお願いしたい」
 との講評をいただいているそうです。
 
 カメラ・携帯電話の所持が認められないことから画像での報告ができないのが残念であるが、原発の信頼回復と再稼働にむけて日夜努力をされていることに敬意を表したい。
早く安全性が確認され県民に安価な電力が供給される事をのぞみたい。
 
このあと午後は()新日邦の太陽光発電所に向かう          (文責 早川清文)
 


8月9日(金) 建設局研修会

研修会
08 /12 2013

 

 
 
                  
日 時  平成25年8月9日(金) 14:00~16:00               
                  
場 所 
 第2委員会室
                  
内 容  
官民協同で大規模災害に備える
                          普通河川 小坂川改修設計の取り組みについて
                          高架線の避難場所活用について
                          静岡市自転車ネットワークの設備について
                  
参加者  静岡市建設局職員  自民党静岡市議団議員 
 

 

 

自由民主党静岡市議会議員団

静岡市議会 自民党市議団からのお知らせです!