スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、一期年長の亀澤敏之が今週はお届けします。

今日は、一期年長の亀澤敏之が今週はお届けします。(駿河区・新川一丁目)

10月8日(日曜日)静岡市内最後の敬老会が私共の連合町内会で行われました。遅い敬老会と感じる方もいらっしゃると思いますが、理由は二つあります。その一つは9月10日当日はそれぞれの家庭で敬老の祝いが行われること、私は昨今家庭でのコミュニケーションが失われているということを考えれば家庭・家族での敬老も非常に良いと思います。もう一点は、9月中旬では残暑が厳しいこと。まだ暑い日があります。お年寄りの健康を考えると月遅れもよいと感じています。

 でも、近年会場での参加者が減少しています。高齢者が増加しているのに敬老会参加者が減少しているのには何か理由があるとおもいます。コンパクトな敬老会も一方法とも思います。町内会単位での温かみのある手づくり敬老会が良いかも。

 私は会場での挨拶の中で、戦争のことに触れてみました。私も父から戦争の悲惨、悲しい出来事、多くの身内、身近な人が亡くなっていることなど、多くの話を聞かされました。会場にいる戦争経験者のかたに、この事実を孫やひ孫の方に語りつなげてほしいお願いをしました。そしたらその翌日、北朝鮮の核実験のニュースです。タイミングがいいような、悪いような感じです。世界中の人々は核はノーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。